2017年12月20日

21日ゼロからの海外トップ大学留学

DSCF1001.jpg

香川の「うどん脳」というキャラ
なかなかシュールですね。


12月21日(木)15:30/19:00
ゼロからの海外トップ大学留学
トフル・英検快適準備術 〜M.i.t合格事例を軸に〜

もし世界のトップと言われるM.I.T(マサチューセッツ工科大学)や
スタンフォード、ハーバードの受験の方が、日本の大学受験よりも、
ある意味「易しい」としたら、いかがでしょう?
易しい、というのは語弊があるかもしれません。
もちろん真摯な鍛錬は必要です。でもそれは砂を食むような
無味乾燥な受験準備ではなく、自分の将来の滋養素養になる
有意義な受験準備であることは確かです。

日本の大学受験生は必死に受験準備をしていますが、
日本で最難関と言われる大学も、世界の大学ランキングに
おいてはあまり芳しい位置を占めていません。
それでもがんばって日本の大学に進学する意味はあるのか…

スタンフォードやハーバードなど、世界のトップ大学には、
文字通り世界中からの優れた学生が集まってきます。
そのような環境で切磋琢磨することで、真のグローバル人材が育つのです。

また、世界のビジネス界のトップリーダーたちの多くは、
ビジネススクールで学び、
MBA (Master of Business Administration 経営学修士)の
資格をもっています。
日本ではまだ、一見縁遠いように見えるかもしれませんが、
大都市圏の大手企業を中心に、ビジネスパースンの多くもMBA
を持ち始め、MBAがビジネス界において悠々とやっていくための
必須資格となるのも時間の問題です。

今年、世界トップMBAの一校、M.I.Tへの準備を、
青山TGセミナー札幌校で進め進学した方がもどってきました。

これまでは、海外トップ大学留学のためには、
東京など首都圏にいる必要がありましたが、
もはやそのような時代ではありません。
北海道はもちろん、日本中世界中どこにいても
海外トップ大学留学準備を貫徹できるのです。

本講座では、意外と身近な海外トップ大学留学の魅力と、
その具体的な受験準備対策、TOEFLや英検などの語学学習や
スピード学習にも通じるスマートな準備要領、
英文エッセイの書き方、interviewの受け方、Q&Aを行います。
そして実は海外トップ大学留学が決して縁遠いものでなく、
むしろそれを目指すことで実現できる大きな夢についてなどお話します。

(将来のキャリアデザインを考える社会人はもちろん
大学生、高校生、中学生や小学生の保護者の方も歓迎です)

・日時 : 12/21 thu 15:30/19:00
途中参加、退出自由
・予約、問合 : admin@tg.liberal-arts.com
・会場 : コワーキング 札幌ドリノキ (Skype参加も可)
・参加費 : 無料

青山TGセミナー
info@tg.liberal-arts.com
Create your Future with Style: Aoyama TG Seminar



留学 ブログランキングへ


にほんブログ村
posted by meow at 11:25| MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする